「何もできないから社長になった」もりまさJulia Base(ジュリアベース)

「何もできないから社長になった」もりまさ

もりまさからのお知らせ・募集中

朝ドラ「カムカムエブリバディ」

朝ドラ「カムカムエブリバディ」をまとめ見し
ひとり大泣きした。 笑

戦前~現代まで「英語」をキーワードに
親子3代にわたる家族の物語だ。

誰も、ヒーローとか有名人になる訳ではもない。
どの時代の人もみんな夢を持つ。
好きな人ができる。

でも、そのほとんどがうまく行かず、いつか
夢をきっぱり諦めたり、好きな人と別れる。

そんな時、寄り添ってくれたり、
新しい道のヒントをくれる人に出会う。

このドラマは、親子の愛憎、それぞれ時代背景の
中での生き方など、人によって
色々な見方があると思う。

僕にとっては、二人の子供が夢破れて
やけになっている時のオダギリジョー演じる
父、丈一郎のセリフ
彼自身も、昔大きな夢を諦めているのだ

「で、何が言いたいかと言うとやなあ・・・
それでも人生は続いていく、そういう事や」

このセリフにしびれた。これが主題のように思えた。

夢を完全に達成して生きていく人生に憧れる。
でも、どうやらそういう人は少ない

僕は、子供の頃に描いた夢を、デコボコしながらも
60点くらい達成した人生になっている。

アホで不器用で、何をかもダメだったから
「この一本道しかない、ダメなら死ぬだけ」
と思って全力で飛び込んだ道で今も生きている。

僕の人生、うまく行きすぎ、恵まれ過ぎだとよく思う。
周りの方々、時代、世の中に対して感謝しかない。

諦めた事を思い出すと、点数が低くなる
でも、こんな奴が、生きていられる事に感謝すると
僕の心は、100点満点の人生になる。

で、何が言いたいかと言うとやなあ・・・
それでも人生は続いていく、そういう事や

 

まさコラムをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

もりまさ最新活動記録

More